1級リテールマーケティング(販売士)検定試験 模擬問題① マーチャンダイジング

1級リテールマーケティング(販売士)検定試験 模擬問題① マーチャンダイジング

第1問 次の各問の【 】の部分にあてはまる答えとして、最も適当な語句を入れなさい。

① カテゴリーマネジメントの取り組み手順としては、【 】の設定→カテゴリーの定義と役割の設定→購買促進企画の作成→サプライヤーとのパートナーリング→業績の評価・分析である。
② 【与件】[当月売上高予算500万円、年間売上高予算4,800万円、平均在庫高800万円]
基準在庫法によってA店の月初適正在庫高を計算すると、【 】万円になる。
③ 総商圏人口が20万人、店舗の商圏カバー率が10%、集客率2.0、購買率0.8、平均客単価が1,500円の場合の店舗の売上は【 】万円である。
④ 予算編成の手続きの違いによる区分において、積上予算は各部門から予算原案を自主的に提出させ、これを尊重して調整して予算を編成する、別名【 】型予算とも呼ばれる。
⑤ 【与件】「予算販売価格380円、予算販売数量200個、実際販売価格400円、実際販売数量230個」において、項目別要因分析法により分析すると、販売価格差異は【 】円である。
⑥ 【与件】純売上高:50,000(円)商品回転率:10回 粗利率30% この場合のGMROIは【 】%である。
⑦ ABCZ分析において、「Z」が示すのは、集計期間中の【 】高が0の商品である。
⑧ 物流センターのうち、プロセスセンターは、スーパーマーケットなどの保管機能の代行拠点であり、【 】センターのことで、その多くは工場に隣接している。
⑨ 最大手コンビニエンスチェーンによる商品分野別のサプライヤーを取りまとめた温度帯別時間帯指定の物流システムを【 】システムという。異分野商品の統合納品ともいう。
⑩ 【 】は、商流、物流、情報流に関するトータルな管理システムを意味する戦略的業務である。
第2問 次の各問の空欄にあてはまる答えとして、最も適当なものを選択肢から選びなさい。

① 目的来店性の強いカテゴリーを【 】という。
② 【与件】7月売上高予算780万円、前年7月の実績売上高600万円、前年7月の月初在庫高実績480万円(売価)の場合、在庫販売高比率法によって月初適正在庫高を算出すると、【 】になる。
③ 予算の体系例において、経常予算は、損益予算と【 】に分かれる。
④ 正味運転資本=【 】-流動負債=(固定負債+自己資本)-固定資産
⑤ 棚卸商品の期末評価の1つで、仕入の古い順に販売されたものと仮定し、期末棚卸商品は期末に最も近い時に取得した商品から構成されているとみなす方法を【 】という。
⑥ 仕入と資金繰りの調整が行いやすい、会計システムの記録制度と結合できるなどの長所を持つ、商品在庫統制方法を【 】という。
⑦ 【 】とは、電子データによる情報の交換のことであり、企業間でのメッセージの交換を、標準的な手順や規約を用いて通信回線を通して行うものである。
⑧ 物流センターのうち、トランスファーセンターは在庫を持たない倉庫であり、そのうちTCI型は【 】納品である。
⑨ 百貨店業界では中間におかれた納品代行業者がまとめて集荷し、商品センターに持ち込む【 】という方法を一部で採用している。
⑩ GMROIは【 】の意思決定や評価に用いられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。