2級リテールマーケティング(販売士)検定試験 模擬問題① マーケティング

2級リテールマーケティング(販売士)検定試験 模擬問題① マーケティング

第1問 次の各問の空欄にあてはまる答えとして、最も適当なものを選択肢から選びなさい。

① 適正な場所で、適正な時期に、適正な数量を用意し、適正な価格で商品提供することを【 】という。
② 企業が所有するブランドで、特定の商品グループに対して付与されるブランドを【 】という。
③ 独占禁止法のうち、複数企業が結託して、価格の上げ下げをしないようにする行為を【 】という。
④ 特定の商品分野に絞り、豊富な品ぞろえと低価格を武器に、その分野の売上シェアを奪い取る小売業態を【 】という。
⑤ チェーン化の進展に伴い、本部と店舗の間に【 】を設置して、効率的、かつ、効果的な店舗運営を促進することを狙いとしている。
⑥ 【 】は、グループ化したメンバーに対して特定事項を設定し、一定期間、定期的に繰り返して行う方法であり、時系列的な変化や傾向を捉えることが狙いである。
⑦ 【 】は、一方の変数に関する測定値の変動を、他方の変数に関する測定値の変動によって説明する方法である。
⑧ センサーがついた家電や自動車、ビルなど、身のまわりのあらゆるものがインターネットやクラウドでネットワーク化されていることを【 】と呼ぶ。
⑨ パワーカテゴリーとは顧客吸引力の強い商品群のことを指し、主にスーパーマーケット業界では、【 】という呼び方が主流となっている。
⑩ 顧客一人ひとりの属性やニーズにあわせて、あたかも1対1でマーケティングしているかのようなマーケティング手法を【 】マーケティングと呼ぶ。
第2問 次の各問について、正しいものには1を、誤っているものには2を、選択肢から選びなさい。

① マーケティングミックスとは、マーケティングの4大要素である、「Place」(立地)「Product」(商品化政策)「Price」(価格政策)「Promotion」(販売促進計画)を組み合わせ、計画・実施することである。
② ハフモデルとは、消費者吸引理論のことであり、消費者の商業集積への来店確率は、商業集積の総従業員数に比例し、商業集積までの時間距離に反比例するというものである。
③ 小売業における「PB商品開発」のねらいは、①高い粗利益額の確保、②他社との品ぞろえの差別化、③顧客の固定化などがある。
④ 一般的に最寄品を扱う小売店の商圏は広く、買回品を扱う小売店の商圏は狭い。
⑤ 大型拠点型出店とは、特定の地域に焦点を合わせて、計画的、集中的に出店することである。
⑥ 動機調査のうち、尺度法とは、5~10人くらいの被調査者を一堂に集め、モデレータとよばれる司会者のもとで特定のテーマについて自由に討論させる方法である。
⑦ 観察法とは、調査者が一定の時間をかけて、顧客の具体的な購買行動を観察し記録する方法である。
⑧ メディアプランニングとは、広告の表現が決まったあと、それをどのようなメディアを使ってターゲットに届けるかを立案することである。
⑨ 商品ライフサイクルとは、商品が市場に投入されてから消えるまでの段階を「導入期ー成長期ー成熟期ー衰退期」と分類したものをいう。
⑩ 企業がインバウンドを含めたマーケティングを展開する際の分析手法としての「SWOT分析」とは、自社、顧客(市場)、競争相手といったそれぞれの視点で市場分析をすることをいう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。