1級リテールマーケティング(販売士)検定試験 模擬問題② マーケティング

1級リテールマーケティング(販売士)検定試験 模擬問題② マーケティング

第1問 次の各問の【 】の部分にあてはまる答えとして、最も適当な語句を入れなさい。

① E.J.マッカーシーは動機調査(モチベーションリサーチ)として、購買行動を起こさせる動機を【 】動機と合理的動機に分類している。
② 小売業の環境分析の手法として、「SWOT分析」が利用されるが、これは、「強み」「弱み」【 】「脅威」の英語の頭文字をとって称したものである。
③ 来店顧客を一人ひとり識別し、それらを階層別に分類したうえで、異なるベネフィットを購入金額に応じて提供することによって、優良顧客を作りだそうとするマーケティングを【 】マーケティングという。
④ ライフスタイルアソートメントの展開フローについて、空欄を埋めよ。
1⃣需要に合わせた市場標的の設定
2⃣生活シーンに基づくテーマの設定
3⃣生活提案のための主品種と主品目の選定
4⃣従属品種と従属品目の選定
5⃣価格帯の平均化
6⃣類似商品のカットと露出度の最大化
7⃣【 】による需要創造
8⃣初心者の支援機能
⑤ RFM分析の「R」は、最新【 】日である。
⑥ ハフの確率モデル計算に使用する商業集積の規模には【 】を用いる。
⑦ 【 】=商品単価×買上個数
⑧ 関連陳列は別名【 】陳列と呼ばれている。
⑨ VP(ビジュアルプレゼンテーション)のフローは以下の通りである。
「年間52週販売計画の作成」→「年間52週の【 】の作成」→「年間52週の重点商品を決める」→「年間52週のVP計画の作成」
⑩ 【 】とは、顧客が商品やサービスを知り、最終的に購買するまでのカスタマーの行動や思考、感情などのプロセスを示す。直訳すると「顧客の旅」と訳される。
第2問 次の各問の空欄にあてはまる答えとして、最も適当なものを選択肢から選びなさい。

① マーケティングの5つの原理のうち、【 】の原理とは、優れた特徴を打ち出し、競争条件を有利にすることが重要であるという考え方である。
② 企業が行う事業領域のことを【 】といい、顧客志向の視点から明らかにすることが肝要である。
③ P.コトラーは、標的市場の細分化の前提条件として唱えたうち、【 】とは、セグメントされた市場の規模が利益の回収を見込める大きさを持っていることをいう。
④ クラスター分析の手法において、対象が「もの」または「個体」の場合には【 】と呼ぶ。
⑤ クラウドなどに蓄積されている膨大な量のデータから、小売業にとっての有益となる事実を発掘する手法を【 】という。
⑥ ネルソンは【 】の選定にあたり、守るべき原則として8つあげている。
⑦ 【 】は、非人的販売促進と人的販売促進に大別される。
⑧ 投下した資本に対し、どれだけの利益を獲得できたかを測るための指標であり、企業単位、事業単位、商品単位などで利用されている。
⑨ VPの目的は、小売業が選定した【 】商品を各売場において顧客の視覚に強く印象づけることによって衝動買いさせることである。
⑩ 【 】は、2016年から2030年までに国連加盟諸国が達成すべき、17のゴールとゴールを達成するための169のターゲットから構成される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。