1級リテールマーケティング(販売士)検定試験 模擬問題② 小売業の類型

1級リテールマーケティング(販売士)検定試験 模擬問題② 小売業の類型

第1問 次の各問の【 】の部分にあてはまる答えとして、最も適当な語句を入れなさい。

① 大規模小売店舗立地法は、「大型店の出店を周辺の【 】の保全」という観点から調整する法律である。(漢字4文字)
② 循環型社会基本法の中の「3R」のうち、廃棄物の発生抑制を意味するものを【 】という。(カタカナ)
③ 食品リサイクル法において、年間の食品廃棄物などの発生量が【 】トン以上の事業者は、「判断基準」にしたがい再生利用などを促進することなどが義務付けられている。
④ DCMは、小売店における単品管理と顧客購買に関する【 】サイクル「仮説(計画)→実施(実践)→検証(評価)→改善」に基づき、商品の品ぞろえや発注の最適化をはかり、市場変化に対応した小売業主導のバリューチェーンを実現することをコンセプトとしている。(アルファベット4文字)
⑤ 同種の商品で同一レベルの品質を持っていてもブランドが有する資産的価値によって異なってくる考え方、ブランドの持つ資産の集合体を【 】という。
⑥ 主にドラッグストア業界での店舗拡大に使われる手法で、他の有力業態から自店で売れそうな商品ラインを取りこんでいくことを【 】という。
⑦ 必要な時に、必要な商品を、必要な量だけ供給する生産管理システムに基づき、多品種少量販売を実現するための配送システムを【 】物流システムという。
⑧ プロパティマネジメントは、菅轄する不動産から得られる【 】を増加させ、中長期的に資産価値を高める取組みとして推進される。
⑨ 商店街において、環境意識の高まりに注目し、SDGs宣言(【 】可能な開発目標)を行い、フードロスの削減、照明への再生可能エネルギーの活用などの取り組みをおこなっているところもある。
⑩ 2000年に入り、オープンモールであり、核店舗がなく、都市周辺地域に立地し、地元の生活者のニーズ対応とライフスタイル提案を目的とした【 】が生まれた。
第2問 次の各問の空欄にあてはまる答えとして、最も適当なものを選択肢から選びなさい。

① まちづくり三法の制定背景として、消費者の買い物場所が郊外やロードサイド大型店、ショッピングセンターを選好することによる【 】が発生することが政策課題であった。
② 2007年に改正された都市計画法の焦点は、10000㎡超の大規模集客施設が立地できる用途地域を「商業地域」「近隣所業地域」【 】の3つに限定した。
③ 小売業が海外市場に参入するパターンの意思決定変数は3つあるが、以下の選択肢の中で、それに含まれないものは【 】変数である。
④ フランチャイザーは、フランチャイジーの繁栄を実現するために努力し、フランチャイジーは自ら業績を向上させることによってフランチャイザーの機能強化をはかるといった好循環を【 】の原則と呼ぶ。
⑤ フランチャイズシステムにおけるロイヤリティの支払い方式のうち、売上高に一定割合を掛けて算出する方式を【 】という。
⑥ 【 】ブランドとはある小売業が自社(自店)だけで販売するために開発した商品のことをいう。
⑦ 1980年代にアメリカのウォルマートが開発した「スーパーセンター」は【 】立地に出店し、平屋ワンフロア構造で、10000㎡を超える広さであった。
⑧ ショッピングセンターにおける【 】の主な役割として、「最適なテナントミックスの実現による相乗効果の発揮」「ステークホルダーとの目標を共有するリーダーシップ」が求められる。
⑨ 【 】とは、表示と通信にデジタル技術を活用して、平面ディスプレイやプロジェクターなどに映像や文字を表示する広告媒体をいう。
⑩ コンパクトな街づくりを目指す市町村を支援するために、都市再生特別措置法が改正され、住居。福祉・医療・商業などの都市機能を集約できる「立地適正化計画」を【 】が策定できるようにした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。