1級リテールマーケティング(販売士)検定試験 模擬問題① マーケティング

1級リテールマーケティング(販売士)検定試験 模擬問題① 販売・経営管理

第1問 次の各問の【 】の部分にあてはまる答えとして、最も適当な語句を入れなさい。

① ファヨールによる従業員管理の実行プロセスの流れ1⃣計画-2⃣組織化-3⃣動機づけ-4⃣命令-5⃣調整-6⃣【 】となっている。
② 人事考課において、直属の上司を第1次評価者とし、さらにその上司を第2次評価者とする【 】制度を活用することが必要である。
③ 相対評価法の中で、成績順位法とは、要素ごとに成績にしたがって評価対象者全員を【 】し、順位を決める方式である。
④ 職場内能力開発と訳され、将来を見据え、様々なスキルを身につけ、主体性を持った社員を育成するトレーニングを行うことを【 】と呼ぶ。(アルファベット大文字3つ)
⑤ 【 】とは、管理者が備えなければならない業績と人間への関心度を類型化し、管理者のタイプを5つに分類し、表現したものである。
⑥ 従業員の中・長期目標に合わせて、企業のニーズに沿った人材育成と、社員が希望するキャリアプランを実現するための計画的な能力開発を【 】という。(アルファベット大文字3つ)
⑦ 広告を何度も繰り返し見ることで、馴染みと安心感を与える効果を【 】効果という。(漢字4文字)
⑧ 株価キャッシュフロー倍率は、株価を1株当たり【 】で割って求める。
⑨ 容積率の限度は、都市計画で定められた用途地域に対応して定められたものと、【 】の幅員に応じて定められているものがある。(漢字4文字)
⑩ リース契約のうち【 】リース取引は、リース期間中の解約が不可能で、リースによって調達した資産の経済的利益と使用に際して必要となるコストを借り手が負担するものである。
第2問 次の各問の空欄にあてはまる答えとして、最も適当なものを選択肢から選びなさい。

① ファヨールによると、「従業員管理の実行プロセス」において、【 】段階とは、従業員が意欲的に仕事をするように職場環境を整えたりすることであり、責任をもたせ、権限を与えることが肝要であるとしている。
② 絶対評価法の中で、基準以上をプラス、以下をマイナスとして符号をチェックし、総合して評価する方式を【 】法という。
③ 相対評価法の中で、評価対象者を2人(または数人)ずつ組み、組ごとに誰が優れているかを比較していき、全体の能力の順位を決める方法を【 】法という。
④ 人事考課における心理的誤差傾向のうち、評価要素が近くに配列されていたり、あるいは時間的に近かったりしていると、各評価要素の評定結果が類似してしまうエラーのことを【 】という。
⑤ 問題解決のための教育方法の中で、多数の未決裁の書類を短期間に問題解決させて、既決箱に入れていく訓練方法を【 】という。
⑥ キャッシュフローマージン=【 】÷売上高×100%で求められる。
⑦ 物品販売店舗と飲食店を除く店舗等の床面積が10,000㎡以下の物件が建築できるのは【 】である。
⑧ 高さが【 】mを超える建築物には、避雷設備を設置しなけらばならない(建築基準法33条)。
⑨ 【 】=1個あたり原価×(帳簿棚卸数量ー実地棚卸数量)
⑩ 【 】は、概念実証とも訳され、新たなアイディアやコンセプトの実現可能性やその効果について検証することである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。