1級リテールマーケティング(販売士)検定試験 模擬問題③ 販売・経営管理

1級リテールマーケティング(販売士)検定試験 模擬問題③ 販売・経営管理

第1問 次の各問の【 】の部分にあてはまる答えとして、最も適当な語句を入れなさい。

① 小集団活動におけるQCサークルのQCとは【 】管理の意味であり、商品の信頼性を高めるために行われるものである。
② 絶対評価法の中で、段階択一法とは、段階的能力基準を示す【 】を使う方式である。
③ 従業員自身から自己の能力、適正、意見、希望などを申告させる制度を【 】という。
④ 態度に関する教育のうち、【 】とは、職業、年齢、地位など、性質の異なる者で構成し、テーマや訓練日程もなく、ただ集まって過ごすうちに、対人的共感性に気づかせたり、集団の機能についての洞察を行わせたりする。(アルファベット2文字)
⑤ 等価変換的思考法とは、アナロジーの論理を利用した【 】を習得・応用させるものである。
⑥ 指紋認証や掌紋認証など、人体での認証のことを【 】認証という。(カタカナで記入)
⑦ キャッシュフロー版インタレスト・カバレッジ・レシオ=(営業キャッシュフロー+支払利息額+【 】)÷支払利息額で求めることができる。
⑧ 敷地面積に対する建築面積の割合を【 】率という。
⑨ バリアフリー法の正式名称は、「高齢者、障害者等の【 】等の円滑化の促進に関する法律」である。
⑩ 各種IT関連サービスや機器、テクノロジーについて理解し、使いこなす能力をIT【 】と呼ぶ。
第2問 次の各問の空欄にあてはまる答えとして、最も適当なものを選択肢から選びなさい。

① 人事考課における評価項目のうち、【 】考課とは、職務の達成度や仕事の量、仕事の質などを評価するものである。
② 絶対評価法の中で、短文の代わりに「S・A・B・C・D」や「優・良・可・不可」などの符号を使う方式を【 】法という。
③ 人事考課における心理的誤差傾向のうち、評価者自身の性格や能力や価値基準で、評価対象者をみることによって生じるエラーのことを【 】という。
④ デモンストレーションとは、【 】な概念を理解させるためにひな型状況をつくって実証してみせる教育方法である。
⑤ フリーキャッシュフロー=営業キャッシュフロー-(現在の事業を維持するための現金支出)+【 】である。
⑥ 用途地域のうち、日用品販売店舗・喫茶店・理髪店などのサービス業店舗・パン屋などで2階以下など、店舗等の床面積が150㎡以下が建築できるのは【 】である。
⑦ 都市計画区域および準都市計画区域内の一般の建築物の敷地は、接道義務として幅員4m以上の道路に間口【 】m以上接していなければならない。
⑧ 【 】とは企業が緊急事態に遭遇したときに、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続や早期復旧を可能にするため、平常時に取り決めておく計画のことである。
⑨ RFIDタグとは、【 】を用いて内臓したメモリのデータを非接触で読み書きする情報媒体のことである。
⑩ 2017年4月に、経済産業省から「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」が発表され、2025年までに大手5社の全商品に【 】を取り付けるというものであり、これによって「いつ、どこに、何の商品が、どの程度流通しているか」を容易に把握できるようになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。