1級リテールマーケティング(販売士)検定試験 模擬問題② 販売・経営管理

1級リテールマーケティング(販売士)検定試験 模擬問題② 販売・経営管理

第1問 次の各問の【 】の部分にあてはまる答えとして、最も適当な語句を入れなさい。

① 小集団活動におけるZDサークルのZDとは、【 】運動の意味であり、仕事の誤りの原因を取り除き、正しく仕事をするように動機付ける全社的運動のことである。(漢字3文字)
② 人事考課の評価方法のうち、【 】とは、勤務成績の状況を事実に示す資料によって客観的に記録し、評価しようという方法である。係長などが第一線で行う人事考課に適している。
③ 人事考課における心理的誤差傾向のうち、何か一つでもよい(悪い)などの部分的印象で全体評価を行うエラーを【 】効果という。
④ あらかじめ完全にプログラムされたテキストを用いてステップごとに理解させる教育方法を【 】という。
⑤ 【 】ゲームとは、実社会の動きを簡潔に表現したものであり、経営のモデルを使って意思決定させ、成績を競わせるものである。
⑥ 【 】シップは、雇用のミスマッチを防ぐ効果があり、学生にとっても小売業にとってもプラスになる制度といえる。
⑦ フリーキャッシュフローが減る要因としては、主に、1⃣【 】債権の増加 2⃣仕入債務の減少 3⃣棚卸資産の増加があげられる。
⑧ 一般定期借地権は借地期間を50年以上とし、①契約の更新をしない、②建物再築による期間の延長をしない、③期間満了による建物の買取請求をしない、という3つの特約を【 】などの書面で契約することで成立する。
⑨ 主要構造部を耐火構造とした建築物で、外壁の開口部に防火戸などの防火設備のあるものを【 】という。(漢字5文字)
⑩ 個人情報取扱事業者は、本人からの【 】要求や苦情に対して適切に対応しなければならない。
第2問 次の各問の空欄にあてはまる答えとして、最も適当なものを選択肢から選びなさい。

① ファヨールによると、「従業員管理の実行プロセス」において、【 】段階とは、目標に対する考え方を一致させたりして業務の標準化を図ることとし、ポイントは「帰属意識」を高めることとしている。
② 絶対評価法の中で、評語群を合わせたセットを多数用意し、その中から必ず特定のセットを選ぶ方式を【 】法という。
③ 相対評価法の中で、1つの集団ごとに、Aは全体の5%、Bは15%、Cは60%、Dは15%、Eは5%などと、あらかじめ評価割合を限定しておく方式を【 】法という。
④ ヒューマンアセスメントでの観察・評価者を【 】といい、その結果を人事施策や能力開発に活用していく。
⑤ アイディアを生み出す方法の1つであり、「質より量」「自由な意見」「連想と結合」「結論厳禁」などのルールをもって自由な話し合いを行う手法を【 】という。
⑥ 都市計画区域の中で市街化を抑制する区域を【 】区域という。
⑦ 農産物販売所や農業の利便を増進するために必要な店舗、飲食店などで2階以下の物件が建築できるのは【 】である。
⑧ 収容人数が30人以上かつ延べ床面積が300m以上の特定防火対象物では、防火管理者を選任し、【 】に届け出なければならない。
⑨ トレーサビリティとは、一般に【 】可能性と訳され、食品などの生産、流通過程を消費者などが確認できる制度やシステムをいう。
⑩ 【 】の概念は、2004年にはじめて提唱された。スウェーデンのウメオ大学エリック・ストルターマン教授の定義では、ITの浸透が人々の生活をあらゆる面でよりよい方向に変化させることである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。