1級リテールマーケティング(販売士)検定試験 模擬問題① 小売業の類型

1級リテールマーケティング(販売士)検定試験 模擬問題① 小売業の類型

第1問 次の各問の【 】の部分にあてはまる答えとして、最も適当な語句を入れなさい。

① 1998年5月、【 】、大規模小売店舗立地法、改正都市計画法からなる、まちづくり三法が制定された。
② 延べ床面積が10,000㎡を超える施設を指し、小売店舗以外に、劇場や映画館、遊技場、展示場、場外馬券売り場などを含んだ施設を【 】という。
③ 容器包装リサイクル法では、家庭からでるゴミの6割を占める容器包装廃棄物を資源として有効利用するための法律で、消費者の役割は【 】である。
④ 多くの欧米の高級ブランド品メーカーの日本進出は、百貨店や高級専門店への輸出を手始めに【 】形式から展開していった。
⑤ フランチャイジーによる投資回収期間は、加盟金や設備投資をはじめとした初期投資額を年間で稼いだ【 】の額で割ることにより算出できる。
⑥ 住居関連需要として、ホーム【 】とは、必需性の高い義務的メンテナンス部分を指す言葉である。
⑦ チェーンストア理論における3つの標準化とは、店舗の標準化、品ぞろえの標準化、マニュアルなどによる【 】の標準化である。
⑧ アセットマネジメントとは、【 】目的で不動産形成や運用、保全を行う業務を指す。
⑨ ショッピングセンターの新たな立地として、空港や高速道路、ターミナル駅などの【 】拠点における立地があげられる。
⑩ 【 】とは、多くの投資家から集めた資金で、オフィスビルや商業施設などの複数の不動産などを購入し、その売買益を投資家に分配する。
第2問 次の各問の空欄にあてはまる答えとして、最も適当なものを選択肢から選びなさい。

① 百貨店法にかわり、1973年に大規模小売店舗法が【 】主義に基づき、一定の店舗面積の大型店の出店を規制する制度として制定された。
② 2006年に改正された中心市街地活性化法では、本部長に就任する【 】が基本計画を認定する。
③ 循環型流通チャネルの一環として導入されている【 】制度は、ビールの空きビンなどを既存の流通チャネルを利用して回収することができるため、ポイ捨て防止や散乱した場合にも回収費用として利用できるなどのメリットがある。
④ 【 】とは、フランチャイズ契約によってフランチャイザーが提供することを約束し、フランチャイジーが対価を支払って利用する一定の経営システムやプログラムを指す。
⑤ フランチャイズ契約締結の際に、フランチャイザーからフランチャイジーに提供されるフランチャイズパッケージの対価として支払われるものを【 】という。
⑥ テクノロジーの活用の一つに、ネットから実店舗に誘導する【 】の取り組みが広がっている。
⑦ コンビニエンスシステムが生みだした流通面での効用の中で、購買リードタイムと使用リードタイムからなる所要時間の短さを指すのは【 】である。
⑧ ショッピングセンターの概念としては、小売業と不動産業のノウハウのハイブリッドであり、その収益の源泉はテナントから得られる【 】であり、販売差益を源泉とする小売業とはビジネスモデルにおいて明確な違いがある。
⑨ 主にディベロッパーによる建物の安全面においての取り組みとしては、高齢者や障がい者にとって障壁になるものを除去する【 】対策が行われている。
⑩ 【 】とは、企業が事業活動を行うに際し、利益を優先するだけでなく、顧客、株主、地域社会などのステークホルダーとの関係を重視しながら果たすべき社会的責任のことをいう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。