1級リテールマーケティング(販売士)検定試験 模擬問題② ストアオペレーション

1級リテールマーケティング(販売士)検定試験 模擬問題② ストアオペレーション

第1問 次の各問の【 】の部分にあてはまる答えとして、最も適当な語句を入れなさい。

① 【 】占有率=自社の商品販売高÷市場の全商品販売高
② カテゴリーマネジメントの展開におけるカテゴリーの基準策定にあたっては、一般に商品の品種を単位とする小売業が多いが、食品業界などでは1つの品種の中に多くの品目が含まれることから、【 】の設定が必要とされている。
③ 伝統的な【 】割当は、従業員に対して割り当てるが、LSPの実施においては、【 】に人員を割り当てるので、無駄を省き、効率的な計画が可能となる。(【 】には同じ語句が入ります)
④ LSP導入において、業務と業務量を明確に把握し、過不足なく従業員を割り当てるためのステップは、1⃣正確な日割り予算の組み立て→2⃣日割り予算に合わせた【 】枠の設定→3⃣月次勤務スケジュールの策定である。(漢字4文字)
⑤ ローコストオペレーションとは、売上高販売管理費率と【 】比率を低く抑えた店舗運営である。
⑥ 売上低下時の人時削減の具体的対応策としては、1⃣一人の守備範囲を狭くしない、2⃣【 】配置ができるようにしておく、3⃣作業の種類と時間を少なくする、4⃣アウトソーシングする、である。
⑦ マルコフモデルなどでもあるように、ある商品を使用していた消費者が、同一カテゴリーの競合するブランドに切り替えてしまうことを【 】という。
⑧ 【 】とは、1年中徹底した低価格で、あらゆる商品を提供し続けるオペレーションシステムを前提とした、恒常的低価格販売の仕組みのこと。(アルファベット大文字4つ)
⑨ 【 】とは、勤労意欲または士気と訳され、職場の雰囲気によって向上したり、低下したりする。
⑩ 人時売上高=売上高÷【 】
第2問 次の各問の空欄にあてはまる答えとして、最も適当なものを選択肢から選びなさい。

① 組織の責任者が作業の実行と成果の達成を契約することを【 】という。
② POSデータより把握可能なものは【 】である。
③ 売上または販売に影響を与える要因(天候や気温など)を【 】と呼び、これらデータを客数、売上数量のデータと結びつけてコンピュータに登録することにより、売上予測が可能になる。
④ 人件費率=人件費÷【 】
⑤ 売場運営における【 】とは、売場を運営するのに何人時必要かということである。
⑥ 在庫コントローラーは在庫調整の対策を数値をもって判断する専門職位のことで、【 】と呼ぶ小売業もある。
⑦ 1年中、徹底した低価格であらゆる商品を提供し続ける恒常的低価格販売の仕組みを【 】という。
⑧ 特売による売上増加分が100,000円、通常売上が200,000円のときの、特売期間中に必要な売上高は【 】円である。
⑨ 生鮮食料品の加工作業において、値付されていない加工途中にある商品を【 】という。
⑩ 管理者の意識と部下の意欲の関係において、管理者が部下を育成しようという度合が強く、部下が学ぼうとする意欲が弱い場合、【 】となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。