1級リテールマーケティング(販売士)検定試験 模擬問題② マーチャンダイジング

1級リテールマーケティング(販売士)検定試験 模擬問題② マーチャンダイジング

第1問 次の各問の【 】の部分にあてはまる答えとして、最も適当な語句を入れなさい。

① 商品の陳列位置や陳列量を意図的にコントロールし、特定したスペースにおいて売上と利益の最大化を図る購買促進策を【 】という。
② 【与件】[当月売上高予算200万円、年間売上高予算3,000万円、平均在庫高250万円]
百分率変異法によってB店の月初適正高を求めると、【 】万円になる。
③ ある商品は、売場構成比40%、粗利益率30%、商品回転率8回(売価ベース)であった。交差比率は【 】%になる。
④ 【 】の大きさを測定し、その規定要因でもある、変動費率(もしくは変動費)、固定費、売価を中心として企業の収益力をみる指標を【 】分析という。
※カッコ内には同じ言葉入ります。

⑤ 【与件】A店 総売上高12,000万円、その際の売上戻り80万、値下170万円、売価値入率40% この場合の純売上高は【 】万円である。
⑥ 目標GMROIを200%に設定したとき、商品回転率が10回である場合、目標粗利益率は【 】%である。
⑦ 【 】とは、事前出荷データのこと。商品が小売業の物流センターに入庫あるいは納品される前に納品予定数などの情報を事前に小売業へ送付することある。(アルファベット3文字)
⑧ 「必要なときに、必要なものを、必要な数量だけ」調達することを【 】物流という。
⑨ 荷主に対して物流システムの改善などを提案し、包括的に物流業務を受託する業務を【 】といい、受託の対象として、輸配送のみならず、保管や在庫管理、流通加工など、トータルな物流の仕組み改善を指す。(カタカナ)
⑩ 現場での様々な物流コストを把握する手法として【 】原価計算があり、これは、現場の様々な作業の一つひとつを細かく分析し、より実態に見合ったコストを把握しようとする手法である。(漢字4文字)
第2問 次の各問の空欄にあてはまる答えとして、最も適当なものを選択肢から選びなさい。

① 収益よりも集客を意図するカテゴリーで売場の新鮮さや活気を演出する商品群を【 】商品群という。
② 商品カテゴリー別の採算状況を把握するための手法としては、【 】と交差比率貢献度分析がある。
③ 販売予測の方法の中で、グラフの横軸に時間の流れ、縦軸に売上高をとり、そこに販売実績をプロットし、描かれた折れ線グラフの状態を見て、目測で傾向線を引く方法を【 】という。
④ 棚卸商品の期末評価を行う方法には大きくは2つあり、【 】目的で保有する棚卸商品については時価法を適用する。
⑤ GMROIを活用する上での前提条件は、1⃣総額での利益を生み出していること、2⃣【 】がないこと、3⃣粗利益率にリベートやアローワンスが含まれていないこと、があげられる。
⑥ 【 】とは、総売上高に占める割合にもとづき、在庫品目を分類する方法のことである。
⑦ 【 】とは、製造・出荷段階で商品包装にJANシンボルを直接的に表示するものである。
⑧ 発注元チェーンストアの提供する販売予測データに基づき、サプライヤーが発注元の在庫を管理して補充納品するシステムを【 】という。
⑨ 商品回転率は、入荷した商品が売場に陳列され、販売されるまでの速度の指標であり、「一定期間にわたって平均手持ち在庫の何倍の【 】が形成されたかの回転数」である。
⑩ 中・長期の目標を達成するために具体的な方法を記したプラン(親計画)を【 】と呼ぶ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。