1級リテールマーケティング(販売士)検定試験 模擬問題① マーケティング

1級リテールマーケティング(販売士)検定試験 模擬問題① マーケティング

第1問 次の各問の【 】の部分にあてはまる答えとして、最も適当な語句を入れなさい。

① P.コトラーによる「4つのO」の質問は、【 】、何を買うか、なぜ買うか、どんな方法で買うかという内容である。
② データ分析などを活用した科学的なアプローチによって、マーケティングのさまざまな現象や特徴を解明、研究していくことを【 】という。
③ 顧客情報を加工して何らかの有効な仮説を引き出し、それをもとに新しいマーケティング刺激を創造していくマーケティング手法を【 】マーケティングという。
④ 調査対象となる【 】を抽出することをサンプリングという。(漢字2文字)
⑤ ライフタイムバリュー=年間取引額×収益率×【 】で求められる。
⑥ 小売引力の法則第2公式を用いると、下記の条件のとき、B市から【 】kmの地点が小売商圏分岐点になる。
与件:A市人口80万 B市人口20万 A市とB市の距離60km
⑦ 品ぞろえの深さとは、特定の商品カテゴリー内での【 】の多さを意味する。
⑧ ある商品の売上高が他の商品の売上高に与える影響力を計数化したものを【 】という。
⑨ 消費者が買いもとめやすい価格を意識して価格設定を行うことを【 】戦略という。
⑩ 【 】法人とは、地域の多様な関係者を巻き込み、科学的アプローチを取り入れて観光地域づくりを行うかじ取り役の法人である。
第2問 次の各問の空欄にあてはまる答えとして、最も適当なものを選択肢から選びなさい。

① マーケティングの5つの指導原理のうち、【 】の原理とは、「小売業の側からの積極的な働きかけが大切である」という考え方である。
② 市場細分化の基準の1つで、生活者の日常の活動や興味・関心によって変化する価値観の差異を【 】要因と呼ぶ。
③ P.コトラーは、標的市場の細分化の前提条件として唱えたうち、【 】とは、購買者の特徴に関する情報が存在し、しかも入手できる可能性が高いことをいう。
④ ある集団を何らかの基準でいくつかに分割し、類似度の高いもの同士にグルーピングするための統計手法のことを【 】という。
⑤ 【 】とは、ロイヤルティマーケティングの実行手段として取り組むカードシステムなどのことである。
⑥ 一定期間における購買金額の高い順に顧客を10分割し、顧客構成比と売上構成比の関係を分析する手法を【 】分析という。
⑦ 商圏シェアを低位→高位の順に並べたとき、商圏シェアが低位である【 】とは、店舗経営がかろうじて成り立つ水準であり、あらゆる面で競争が激しく、販促効果はほとんどない。
⑧ インストアプロモーションのうち、【 】とは、当該商品を開発したメーカーの担当スタッフがキャンペーン期間に合わせてチェーンストアの各店舗をキャラバン方式で巡回するのが一般的である。
⑨ ビジュアルプレゼンテーションとは、商品の特性、品質、デザインなどに関する機能面を【 】に訴える演出技法である。
⑩ 2018年の旅行消費における経済波及効果(観光庁発表)において、雇用誘発効果は【 】万人以上である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。