1級リテールマーケティング(販売士)検定試験 模擬問題③ 小売業の類型

1級リテールマーケティング(販売士)検定試験 模擬問題③ 小売業の類型

第1問 次の各問の【 】の部分にあてはまる答えとして、最も適当な語句を入れなさい。

① さまざまな都市機能の郊外への拡散を抑制し、中心市街地に集約させ、かつ魅力を向上し賑わいを回復させる考え方を【 】と呼ぶ。
② 空きビンなどのリユース商品などにみられるような、一般消費者が起点となって「消費者→小売業→卸売業→メーカー」と流れ、メーカーがそれを再び使用・消費するという消費者の役割を果たす商品の流通経路を【 】チャネルという。
③ 複数の国にまたがり、商流や物流に至る流通活動を展開している巨大資本の小売企業を【 】という。
④ フランチャイズシステムにおける【 】の役割は、FC本部と加盟店の間に立ち、マニュアルによって運営され、加盟店が利益をあげるように支援する。(カタカナ)
⑤ 1960年代から80年代に【 】店は流行を作り出すインキュベータの機能を発揮すると同時に、消費をリードする立役者として走り続けてきた。
⑥ コンビニエンスストアチェーンによく見られる方法で、一定地域への集中的継続的出店を【 】出店という。
⑦ 主に商店街の空き店舗の解消のため、新規開業を目指すものに空き店舗を安価で一定期間貸し出し、開業をサポートする制度を【 】ショップと呼ぶ。
⑧ 特定目的会社や特定目的信託が不動産などの資産を保有・運用し、その収益を裏付けとして証券や信託受益権を発行する場合の手続きを定めた法律を【 】法という。
⑨ 商店街で行われる「【 】」とは、「得するまちのゼミナール」の意味であり、商店街の店舗が講師となって受講者に伝える少人数制のゼミである。(4文字)
⑩ ISOが定めている国際標準規格であり、環境監査や環境パフォーマンス評価など環境マネジメントを支援するために定めているものを【 】という。
第2問 次の各問の空欄にあてはまる答えとして、最も適当なものを選択肢から選びなさい。

① 市街地を中心として、一つのまとまった都市として総合的な整備、開発、保全する必要のある区域を【 】という。
② 2020年、生産年齢人口の減少、社会経済の多様化に対応するため、【 】が改正され、まちなかにおける交流、滞在空間の創出にむけた官民の取組みが強化された。
③ 【 】とは、原材料の調達から生産、物流、販売にまたがる複数企業間の業務プロセスをネットワークで結び、チェーン全体の最適化を図る経営手法である。
④ フランチャイズシステムにおける【 】の役割は、1⃣実験の場、2⃣人材育成の場、3⃣経営モデルづくりとしての場、4⃣リーダーシップ確立の場である。
⑤ フランチャイズシステムにおけるロイヤリティの算出する方式のうち、「売上総利益に一定割合を掛けて算出する」方法を【 】という。
⑥ ドラッグストアの基本類型において、一般用医薬品も扱うが、その品目数は極めて少数であり、主力商品は、加工食品や一般雑貨のウェイトを高めたタイプは【 】と呼ばれる。
⑦ 小売業の管理者に求められるマネジメントにおいて、【 】とは、作業の実行と成果の達成を契約することを意味する。
⑧ 買物弱者とは、店舗まで【 】m以上、かつ、自動車を利用できない65歳以上の高齢者を指す。
⑨ 商店街で実施している街バルのバルとは、日本では一般に【 】式居酒屋のことを指す。
⑩ 平成31年度税制改正において臨時免税店制度が創設され、免税店を経営する事業者が、【 】以内の期間を定めて臨時免税店を設置する場合、届出により免税販売を行うことができるようになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。